お電話でのお問い合わせ
050-1746-7778
土日祝日は除く
無料相談

ご導入事例

福利厚生への熱い取り組みで「ワーク・ライフ・バランス先進的取組大賞」を受賞!
昼食時の利便性が向上し、従業員から喜びの声が。

有限会社ワシオ商会

  • サービス
  • 小売・卸

https://www.washio-aizu.com/

従業員数
20
男女比
8:2
外勤内勤比
5:5
平均年齢
40 前半
  • #ウェルビーイング
  • #健康経営の推進
  • #従業員の家事・ライフサポート
  • #従業員の満足度向上
  • #従業員の食生活改善
  • #50名未満

おかんを導入して変わったこと

  • BEFORE

    昼食を外へ買い出しに行く手間がかかり、落ち着いて休憩時間を過ごせないことがあった。

  • AFTER

    買い出しの手間がなくなり、より有意義に休憩時間を使えるようになった。健康促進にも繋がっている。

  • 導入の目的

    時間や手間をかけずに、さっと昼食を準備できるような食事環境を整えること。

  • 導入の背景

    福利厚生を充実させることで、従業員満足度を高め、長く働き続けてほしいという思いから。

  • 導入の影響

    昼食時の利便性を向上することができた。健康促進やコミュニケーションの活性化にも役立っている。

事業内容を教えてください

建設業に関わる資材のレンタル・販売・修理を行っています。本社以外に2拠点展開し「地域社会に貢献する会社に」を目指して日々仕事と向き合っています。「健康経営優良法人」の3年連続の取得や「福島県ワーク・ライフ・バランス先進的取組大賞」の受賞など、働きやすい会社づくりに積極的に取り組んでいます。

導入の目的

時間や手間をかけずに、さっと昼食を準備できるような食事環境を整えること。

オフィスおかんに興味を持ったきっかけを教えてください。

  • 福島県の協会けんぽ様の冊子で「オフィスおかん」の導入企業様が紹介されていたことがきっかけです。

    日頃から、従業員の昼食時の利便性を向上したいと考えていました。お昼休憩の間に外へ買い出しに行く手間がかかると、落ち着いて食事を食ベられないのではと感じていたためです。そこでオフィスおかんを導入すれば、時間をかけずにさっと昼食を準備できるような環境づくりができるのではと思い、興味を持ちました。

オフィスおかんの導入の決め手はなんでしたか

一番の決め手は、お惣菜の味がとても美味しいことです。その他にも、最小限の添加物で作られていること、管理栄養士監修のメニューであること、高品質なのに従業員は100円で購入できることです。

検討にあたり、冊子に掲載されていた導入企業様へ感想を直接お聞きしました。そのなかで、冷凍や宅配弁当など他社商品をいろいろ比較検討した結果、一番美味しかったのが「オフィスおかん」だと言っていて。また弊社よりも従業員規模が小さい企業様だったため、少人数から導入ができる点にも惹かれました。

実際にお惣菜を試食したところ「美味しいね」「これが100円でいいの」と好評でした。宅配弁当だと内容や量が決まってしまいますが、オフィスおかんだと豊富なメニューから好きなようにカスタマイズできることも魅力的です。

導入の背景

福利厚生を充実させることで、従業員満足度を高め、長く働き続けてほしいという思いから。

福利厚生の充実に取り組まれている背景を教えてください。

弊社は小規模で知名度も高くないため、新たな人員を見つけることは簡単ではありません。そのため従業員に良い会社だなと実感してもらい、長く続けてほしいという思いがあります。

取り組みのなかでも、健康経営を特に意識しています。健康でないと長く働き続けることは難しいからです。今後も従業員の健康を大切にし、福利厚生などの支援を進めていきたいと思っています。

取り組みを進めるなかで、多くの表彰・認定があったとお聞きしました。

  • 福利厚生への取り組みが評価され「福島県ワーク・ライフ・バランス先進的取組大賞」を受賞しました。3年連続での「健康経営優良法人」認定、そのうち2年連続での「ブライト500」認定にも繋がっています。審査時にはオフィスおかんの導入が、特徴的でユニークな取組として評価されました。

    今後も従業員への支援をより充実させ、従業員とその家族が知り合いに自慢できるような会社を目指していきたいと考えています。

導入の影響

昼食時の利便性を向上することができた。健康促進やコミュニケーションの活性化にも役立っている。

実際にオフィスおかんを導入していかがですか。

  • 外出する手間がなくなったことで、より有意義に休憩時間を使えるようになりました。従業員からも高評価です。

    また利便性の向上だけではなく、従業員の健康促進にも繋がっていると感じています。今まではインスタント食品の容器が捨てられているのを毎日見ていました。しかし今では、ほとんど見ていません。

    初めは、オフィスおかんを受け入れてもらえるのか、お惣菜が余ってしまうのではないかと不安がありました。しかし実際に運用を始めると、メニューのリクエスト機能を使って従業員の需要に合わせて取り入れることができ、良いかたちで使い切ることができています。

どんな利用をされていますか。

  • 昼食休憩時にお昼ご飯として利用をすることがほとんどです。

    お弁当を自分で作るとワンパターンになりがちなので、色々な食材を自分なりに選べるのは良いですね。「コンビニで買うより断然安いし、ご飯だけ持参して毎日利用しています」といった喜びの声も届きました。お弁当を準備する手間もないので、従業員の家族の負担も減ったと聞いています。

    その他にも、このメニューがおいしかったとオススメし合い、会話が弾んでいる様子も目にしました。利便性の向上以外にも、良い影響を生み出せたのではと感じています。

社内共有もしやすい!

便利な事例集をご活用ください

オフィスおかんが3分でわかる!

お急ぎの方は無料相談
TOPへ戻る
資料を請求する