お電話でのお問い合わせ
050-1746-7778
土日祝日は除く
無料相談

ご導入事例

ウェルビーイングを叶える新オフィスのカフェスペースに設置。フレキシブルな職場でコミュニケーションを生み出すきっかけに

三井デザインテック株式会社

  • サービス
  • 建設

https://www.mitsui-designtec.co.jp/

従業員数
807
男女比
6:4
外勤内勤比
6:4
平均年齢
40 前半
  • #ウェルビーイング
  • #従業員の満足度向上
  • #社内コミュニケーション促進
  • #300名以上

おかんを導入して変わったこと

  • BEFORE

    旧オフィスでは食事サービスがなく、オフィス移転を機に福利厚生サービスの充実を検討していた

  • AFTER

    出社時の楽しみやコミュニケーション手段として活躍。新オフィスのテーマであるウェルビーイング実現にも貢献

  • 導入の目的

    ウェルビーイング推進の1つの取り組みとして食事サービスを導入。

  • 導入の背景

    新オフィスへの移転に伴い、健康経営の観点から社内カフェスペースを充実させたかった。子育て世代の社員、若手社員への健康的な食事を支援したかった。

  • 導入の影響

    導入後のアンケートで「健康の意識が高まった」と回答する人が増加。出社時のコミュニケーションの楽しみが増えた従業員も。

導入の目的

ウェルビーイング推進の1つの取り組みとして食事サービスを導入。

事業内容を教えてください

1980年に創業した三井不動産グループの内装・デザイン・設計・施工管理の会社です。オフィス・ホテルなど施設空間・内装の企画・デザイン設計・施工や、マンション・戸建住宅などのリフォーム、事業用建物のコンバージョン・リニューアルなどの事業の他、インテリア販売を含む多彩なインテリアサービスを展開しています。

オフィスおかん導入のきっかけを教えてください。

  • 3階の休憩スペース「D’s CAFE (ディーズカフェ)」。コーヒーやスムージーなどの用意がある。
  • 2021年7月より、銀座の新しいオフィスで営業を開始しました。最先端のウェルビーイングを叶える新オフィスは、ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)を採用。観葉植物を置いて緑視率を考慮したバイオフィリックデザインやサーカディアン照明を取り入れることで自然を感じることができるようにしたり、スペースごとにアロマを配置したり、屋外テラスの菜園で野菜を育てたりと、五感を刺激する造りになっています。

    ワークスペースは、ゆるやかにエリアは決まっているものの、カフェスペースは3階の「D’s CAFE 」に集約されています。コーヒーやお菓子だけではなく、健康的な食事も設置したいと考え、今回オフィスおかんを導入しました。

導入の背景

新オフィスへの移転に伴い、健康経営の観点から社内カフェスペースを充実させたかった。子育て世代の社員、若手社員への健康的な食事を支援したかった。

オフィスおかん導入の決め手を教えていただけますか?

メニューの豊富さ、添加物を制限した健康的な惣菜、1品100円という手軽さ。そして、キャッシュレスアプリの「おかんpay」があるので管理面も便利であることはメリットだと感じました。

どんな利用の仕方がされているでしょうか?

  • まとまった休憩時間がとりづらい時や、雨の日にも重宝するとのこと。
  • 平日オフィスに出社した社員が、ランチで利用することが多いです。外に買いに行く時間がない、バランスのよい食事をとりたいといったニーズに合っているようです。また、子育て中の社員は家に持ち帰って夕飯やお弁当に活用することもあるようです。「1品あるだけで心の余裕になる」という声もありました。

導入の影響

導入後のアンケートで「健康の意識が高まった」と回答する人が増加。出社時のコミュニケーションの楽しみが増えた従業員も。

どんな効果があったでしょうか?

  • 全品100円で購入できる。おかず1品、スープ1品、白米1品でも300円。
  • 社員の健康への意識が自然と高まったことです。先日、実施した導入後の社内アンケートでは、「健康への興味が深まった」「お菓子ではなく、健康的なお惣菜を選ぶようになった」といった回答がありました。

    また、糖質制限をしている社員はタンパク質の摂取を意識して、オフィスおかんのお惣菜を積極的に活用しているようです。健康的な素材が中心なので「ギルトフリー」という観点でも喜ばれていますね。そして、なんといっても、惣菜、カレー、ごはんと3つ食べても300円と手ごろな価格は喜ばれています。

健康面以外の変化はありますか?

  • 休憩スペースでのランチの様子。コミュニケーション手段のひとつになっている。
  • 出社時のコミュニケーション手段として役立っています。現在は、リモートワークと半々の頻度で出社する社員が多いですが、「コミュニケーションがとりやすくなった」といった声を耳にします。ウェルビーイングという観点からも、オフィスでのコミュニケーションが活発になることはよい傾向だと思っています。

社内共有もしやすい!

便利な事例集をご活用ください

オフィスおかんが3分でわかる!

お急ぎの方は無料相談
TOPへ戻る
資料を請求する