お電話でのお問い合わせ
050-1746-7778
土日祝日は除く
無料相談

ご導入事例

社員寮における食事支援に活用。感染拡大の中で社員を守る備えにも!

鹿島建設株式会社

  • 建設

https://www.kajima.co.jp/

従業員数
728
男女比
8:2
外勤内勤比
4:6
平均年齢
40 後半
特徴
※従業員数や比率は全て横浜支店の数です。

※2021年8月時点

  • #従業員の満足度向上
  • #従業員の食生活改善
  • #300名以上

おかんを導入して変わったこと

  • BEFORE

    社員寮で新型コロナ感染症の感染者や濃厚接触者の発生があった場合の「食事補助」が不十分であった。食堂はなく、外食かスーパーやコンビニのお惣菜を各自購入して、朝・夕飯にしていた。

  • AFTER

    もしもの感染者発生のときの備えができた。日常的に利用できる食事補助なので、帰宅後の夕飯や朝食、土日の食事としても利用する社員もでている。

  • 導入の目的

    いざという時の備えにも!コロナ対策として、常時設置可能な食事サービスが必要だった。

  • 導入の背景

    若手男性向けの社員寮で、いつでも手軽に健康的な食事を取れるサービスを検討していた。

  • 導入の影響

    寮内で重宝され、気軽に食事ができるようになった。社員の「健康に対する意識」も向上。

事業内容を教えてください。

鹿島建設株式会社は、いわゆるゼネコンとして土木建築の建設工事を主に、これらに係る事業を全般的に行っている会社です。

1840年の創業以来、「100年をつくる会社」として建設事業を通じて、産業・経済の発展に貢献してまいりました。社会的課題とニーズにお応えし、社会とお客様に信頼される会社を目指しています。

導入の目的

いざという時の備えにも!コロナ対策として、常時設置可能な食事サービスが必要だった。

オフィスおかん検討・導入のきっかけを教えてください。

10年以上前までは社員寮に食堂があったのですが、その後は他社の冷凍食品の自販機のみを導入していました。自販機を撤去することが決まり、別の食事補助を探していたところオフィスおかんを見つけ、導入することにしました。

もうひとつは新型コロナウイルスの感染拡大への備えとして、寮内で感染者や濃厚接触者が出た場合の食事補助を準備しておきたかったためです。感染者・濃厚接触者が発生した場合、その社員は外出禁止となり、食事摂取の問題が発生します。その解決のために、常時設置しておける食事サービスがあると便利だと考えました。

導入の背景

若手男性向けの社員寮で、いつでも手軽に健康的な食事を取れるサービスを検討していた。

背景としてはどのような課題がありましたか?

オフィスおかんを活用しているのは、若手の男性向けの寮です。寮には食堂や、各部屋にキッチン設備がなく、手軽に健康的な食事を取れる環境が不足していました。そのため、外食やコンビニ、スーパーで買ったものを食べる社員が多く、なかなか健康に気を遣えていませんでした。また、寮なので平日の朝晩のみならず、週末にも食事を取れる環境整備が必要と考えていました。

さらに寮には“施工管理”として現場で日中勤務する社員もおり、早朝出勤や深夜帰宅に伴い、栄養面で偏った食生活になるケースも多く、種類の豊富なオフィスおかんは健康面からも決めてとなりました。

導入の影響

寮内で重宝され、気軽に食事ができるようになった。社員の「健康に対する意識」も向上。

寮内では、どのように利用されていますか?

  • オフィスおかんを選んでいる様子。
  • 主に平日の朝食や夕食のおかずとして、オフィスおかんを利用しています。
    以前は、比較的帰りが遅く、スーパーやコンビニで惣菜や弁当を買ってきて食べることが多く、朝食をとる習慣もありませんでした。また、寮には大きなキッチンや設備もないので自炊もしにくい状況でした。

    オフィスおかんを導入してからは簡単に食事を済ませることができ、大変喜ばれています。平日は、補助的に利用されることが多いのですが、置き型社食だと土日の食事にも利用してもらうこともできています。

社員の皆さまからは、どのような声がありますか?

  • 食事の様子。※撮影の際にマスクを外しています。
  • 社員の間では、「豚の角煮」などのお肉系のメニューが大変人気です。

    仕事帰りに夕食をわざわざ購入する必要がないので、大変便利だという声もあります。利用頻度はそれぞれですが、ほとんどの社員が利用しています。

実際に導入してみて、導入前にあった課題に対しての効果を教えてください。

  • 総務グループ 次長 吉田英則 さま。※撮影の際にマスクを外しています。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大への食事サービスの備えができたのはもちろん、オフィスおかんを導入してからは社員の「食に対する健康意識」が高まりました。

    今までは朝食を取らずにいた社員でも、少し早めに起きて朝食を取るようになった例があります。パンのメニューもあるので、時間がない時はパンのメニューを食べたりしています。

貴重なお話をありがとうございました!

今回は鹿島建設株式会社横浜支店管理部 総務グループ 次長 吉田英則 様、管理部現業グループ 中田哲哉 様、織田海斗 様、中島崇景 様にお話をお伺いしました。

社内共有もしやすい!

便利な事例集をご活用ください

オフィスおかんが3分でわかる!

お急ぎの方は無料相談
TOPへ戻る
資料を請求する