導入事例

アドイノベーション株式会社

成果を生み出す組織への大変革!
従業員のパフォーマンス向上と、新しい挑戦を生み出す組織づくりの秘訣!

#健康経営の推進 #従業員の満足度向上 #従業員の生産性向上 #従業員の食生活改善 #社内コミュニケーション促進 #50名未満

会社HP
https://adinnovation.co.jp/
業種
情報サービス
従業員数
40
男女比
6:4
外勤内勤比
外勤
内勤比
2:8
平均年齢
30
前半
30
前半
※2019年8月時点

おかんを導入して変わったこと

before

長時間労働や不健康な食生活が常態化。コミュニケーションも不足しがちで、成長への足掛かりを模索していた。

after

従業員の健康をサポートする環境が整い、個々のパフォーマンスが向上。信頼に基づく強い組織へと生まれ変わった。

メンバーが仕事に集中でき、イノベーションを起こせる組織作りのために、従業員の健康とコミュニケーションへ投資を行うこと。

目的

世界を舞台に、会社としての更なる成長にコミットするため、何よりも「人」に投資し、1人1人が働きがいを実感できる環境作りを目指している。

背景

従業員がより良く働けるための食環境の提供と、強い組織へとつながるコミュニケーション機会の提供につながっている。

影響

おかんちゃん貴社の事業内容を教えてください。

スマートフォン向けマーケティング事業、メディアコンサルティング事業、自社DSP事業をメインとして行っています。

おかんちゃん貴社の強みを教えてください。

日本の中では比較的珍しいのですが、イスラエルの企業からの出資を受けており、テクノロジーや成果にこだわっているところが強みと言えると思います。

目的メンバーが仕事に集中でき、イノベーションを起こせる組織作りのために、従業員の健康とコミュニケーションへ投資を行うこと。

おかんちゃんオフィスおかんに興味を持った経緯を教えて下さい。

インターネット業界は、比較的長時間労働が常態化しています。弊社も例に漏れず、特にクライアントへのコンペ前などは働く時間が長くなったり、そういう時はコンビニ食や偏った食事になりがちだったり…という課題がありました。また、メンバー間や上司・部下の間でのコミュニケーション不足もあり、仕事がうまく進まなかったり、最悪の場合には離職の原因になりかねなかったりする場合もありました。
そういった組織を変革し、成果を出せる組織に生まれ変わるため、まずは従業員に対して投資する、という意思決定を行いました。具体的には、働く環境や福利厚生などの整備をして、健康やコミュニケーション活性化をサポートすることですね。
オフィスおかんは、その中の施策の1つとして検討を行いました。

おかんちゃん福利厚生の導入に関する判断は、どのような軸で行われていますか?

「会社全体に良い影響をもたらすか」「働くことに連動しているか」を主な判断の軸としています。具体的には、仕事の集中力・生産性を向上させるために従業員の健康をサポートすることや、社内コミュニケーションの機会を提供することが重視されていますね。
また、働き続けることの難易度を上げてしまうような出産・子育てや病気の治療などへのフォローにも注力しています。

おかんちゃんオフィスおかんを知ったきっかけは何だったのでしょうか?

従業員が誰でも「こういう制度を導入してほしい」ということを人事に伝える目安箱のようなものを設けています。それ以外にも、取締役に直接メッセージが送れたり、福利厚生/制度に関するアンケートを実施したりもしています。そのなかで従業員から「オフィスおかん」の導入を求める声があったことから、検討を始めました。

オフィスおかんの食事は、社員の日々の生活にも浸透している

おかんちゃんオフィスおかんの導入の決め手は何でしたか?

食事が提供できれば良い、ということではなく、「働きやすくするために健康をサポートしたい」という気持ちがありました。睡眠時間、運動などは会社として支援しにくい面がありますが、食事であれば従業員のサポートをしやすいですね。健康的である、という点からいえば、栄養バランスに配慮されている点や、従業員が好きなものを選びやすいという点が魅力的でした。ランチはもちろん、ちょっとした間食や朝食、持ち帰って自宅で利用することなども想定していました。また、コミュニケーションの面からいえば、以前にもランチの補助などを行っており、そういった気軽なコミュニケーションの場を提供することが大切だと考えていました。

背景世界を舞台に、会社としての更なる成長にコミットするため、何よりも「人」に投資し、1人1人が働きがいを実感できる環境作りを目指している。

おかんちゃんなぜ「人」や「働く環境」への投資を重視されているのでしょうか?

弊社では創業期から、事業の軸として「マーケティング×グローバル」というテーマを掲げており、実際に2017年にはイスラエルの企業との業務提携を行いました。グローバルな市場で戦うことを考えた時、海外には労働時間に関わらず社員の生産性そのものが高く、圧倒的な成果を出している企業がたくさんあります。そういった企業と、どう肩を並べていくのか考える必要があります。また国内の市場を見ても、これまでの日本の働き方のように「気合いで頑張る」だけでは勝てないだろう、と思いました。競合と同じことをしていても、勝ち目はないですよね。では「どこで勝つか」を考えた時、やはり「人を大事にする」という結論になりました。人に重点を置く手段にも様々ありますが、その中でも成果を生み出す組織になることにこだわって、「働きがいを持って取り組める」環境づくりを大切にしよう、ということになりました。

取締役 人事担当 竹内様

おかんちゃんそういった取り組みによって、どのような変化がありましたか?

オフィスおかんのような福利厚生の導入による環境の整備に加え、評価制度の変更も行いました。それによって、明らかに社員の働くモチベーションに変化があり、以前よりさらにパフォーマンスの高い仕事が生み出されるようになりました。また、社員同士はもちろん、社員と会社との信頼関係もできて、単純に雰囲気が良くなったことはもちろんですが、新しい挑戦がしやすくなりました。方針や事業を変えても、信頼があって崩れない関係性の構築が出来ているからですね。また、弊社は結婚されている方、お子さんがいらっしゃる方も多くいます。そういった個々の背景がありながらもハイパフォーマンスな人材の離職をいかに防ぐか、ということも課題のひとつでしたが、それも解決されてきています。それらのことが全て、業績にも連動してきていますね。

影響従業員がより良く働けるための食環境の提供と、強い組織へとつながるコミュニケーション機会の提供につながっている。

おかんちゃんオフィスおかん導入後に工夫されたことなどはありましたか?

福利厚生を大きく変えたタイミングで、その背景にある会社の考えを伝えることをかなり重視しました。オフィスおかんについても「単純に食事を提供するという意味合いのものではなく、より良い仕事をするために健康やコミュニケーションが重要であり、そのための手段として導入します」ということを全社会議で人事から伝えています。また、ランチなどでの通常の使い方以外に、持ち帰りでの利用もOKであると伝えました。利用方法や場所に制限を設けないようにしたことで、より使いやすくなったと思います。

おかんちゃんオフィスおかんを使ってみて、いかがでしたか。

最初は正直、どれくらい従業員に使ってもらえるのか半信半疑でした。実際に導入前には「面倒なのでは」などのマイナス意見もありましたね。でも実際に導入してみて、当初想定していた以上に様々な目的で利用されていて、良かったと感じています。
具体的なシーンとしては、広告代理店業がメインなのでお客様からの問い合わせやご要望にスピーディーに応えることが求められる中で、オフィス内でいつでも自由に使えて便利ですね。また、オフィシャルなミーティングほど堅苦しくなく、でも社外だと話しづらいようなことを、社内でオフィスおかんを食べながらラフに意見交換できたりすることも、貴重なコミュニケーションの場の提供になっていると思います。

おかんちゃん導入後はどのように評価を行っていますか?

オフィスおかんに限らず、導入した制度については定期的にアンケートなどを実施し、社員からフィードバックを募っています。制度自体は変更が多く、給与や評価制度なども、適用期間を年内としていて、柔軟に変えていくことを重視しています。目的と照らし合わせつつ検討を行い、最短で1ヶ月でクローズすることもあります。
オフィスおかんについては、従業員からの評価が想定を上回っていました。オフィスでいつでも使え、様々な場面で利用可能であること、美味しくて質が高いこと、そしてやはり安くて利用しやすいことが理由です。

管理部 人事担当 河合様

おかんちゃんオフィスおかんを検討中の企業へ向けたアドバイスをお願いします。

まずは社員からのニーズがあるかどうかを確認すること。少しでもニーズがあれば、まずは試験導入して検証することで、より早く的確な判断ができると思います。また導入の際には、会社の人事戦略全般においての「オフィスおかん」の役割を明確にすることが重要だと思います。どのような背景があるのかを社員に共有しながら運用することで、従業員が会社の想いを理解するきっかけになり、より有意義な投資につながると思います。

“オフィスおかん”導入が
もたらした変化とは?

事例PDFをダウンロード

食の福利厚生の
資料ダウンロードはこちら

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。専属スタッフがさらに詳しくご説明させていただきます。